2017年3月30日木曜日

自然農法㉖

3月30日(木) 

今日は2本目の畝を立てました。

前回作った1本目の畝より通路幅80㎝をとり、そこから120㎝の畝を立てました。

80㎝と広めの通路には緑肥MIXを撒く予定です。

2日前に雨が少し降ったのですが土は固まってなく、入れたスコップがサクッと入ります。

2本目の畝(右側)を立てました。

1本目の畝に土を加え少し修正しました。

最後に、刈っておいた草を表面にかけました。

作業時間は約2時間でした。


それと、もう1つ、

ライ麦が育ってるのを初めて確認しました。

太い茎と太い葉っぱ(おそらくエンバク)の中に混じって細くシュッとした茎と葉っぱがあちこちに育っていました。

エンバクの中にライ麦
今まで見たことのない明らかに違う種類で、もしや、これがライ麦だと思いました。

手前のシュッとしたのがライ麦かな、と。

60㎝ほどに育っているのもあり少し感動しました。


いろいろアドバイスを頂いている竹内さんによると、「ライ麦は背丈2mにもなり根も2mも越え、土の固盤も破壊する自然耕の持ち主」であるとのことで、ライ麦が2メートルを超すまでに育つとその自然耕の威力が発揮されるとあります。


元田んぼのような排水の悪いところでは、緑肥MIXをリレーで育てライ麦の育つ条件に土を作ります。


そして、最後の段階でライ麦にがんばってもらい、田んぼから畑に転換したという事になります。


晩生の品種だったので育つのかどうか不安でしたが、いつの間にか芽を出し順調に育っているようで安心しました。




2017年3月24日金曜日

自然農法㉕

3月24日(金)

今日はいよいよ畝立てです。

まずは、刈り払い機で草を刈ります。

その後、管理機で耕します。

そして、畝を立てます。

言うと簡単なのですが、けっこう大変でした。

最初この状態

エリアNを夏畝・冬畝、さらに2等分ずつして大きく4つに分けます。

4月中までに夏畝を立てます。

今回はその第1弾、向かって北側の左端のエリアを畝立てします。

タコ糸で作業する範囲を囲みます。

草を刈ったところ

その範囲の草を刈り、管理機で耕します。

さらに、タコ糸で畝を立てるエリアを決めます。

タコ糸で畝を立てる位置を決めます。

刈った草は周りに置いておき、草マルチに使います。

糸の周りの土を畝に盛っていきます。

草がごろごろしていますが、そのままうねに盛ります。

なんとか、畝ができました。


できた畝

幅約1.2m 長さ約10m 高さ約10cmの畝ができました。

最後に刈った草を敷いて乾かないようにします。

草がゴロゴロしてるのが気になったので、少し取り除きました。

こんなんで大丈夫かなー、と思いましたがそれなりに畝らしくなりました。

同じ場所にもう2本、計3本の畝を立てます。

午後1時半から始めて終わったのが17時半でした。

久々の重労働でしたのでさすがに疲れました。

1度やって見ると要領が分かるので、次からはもう少し楽になるかな、と思います。

次回は残り2本の畝立てです!






2017年3月1日水曜日

自然農法㉔

3月1日(水)

先日、農協で土壌分析について相談したところ、「PHとECなら無料でできますよ。」との事でしたので、お願いしていました。

今日、結果が分かりましたのでupしました。




・PHは7が中性に対して6.3と6.5

・ECは0.04と残留肥料も残っていない
という結果でした。

土壌が酸性かアルカリかで作る作物が適しているかどうか、というのがあるみたいで、

「特に問題なくなんでも作れますよ。」と農協の方の話でした。

お金を払えばもっと細かく検査はでき、今後の肥料などの施肥の参考になるのですが、無肥料無農薬で草や落ち葉のみの堆肥を使用するので、今のところ特に気にしていません。

現状がどういう土壌かを簡単に知ることができるのでやっておいて損はないと思います。


今後の予定は、エリアNを3~4月に半分、梅雨までに残り半分を畝立てすることです。



自然農法 63

11月13日(月) 久々のブログ更新となります。 今は大豆の収穫(種取り)をしています。 やってみて分かったことは、種取りの時期が難しいことです。 振ってみて鞘の中がカラカラと音がするのが目安ですが、早すぎるとまだ種になっていなかったり、遅すぎると種にカビが生...