投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

fxについて。

実はfxに関しては4,5年の経験がありますが、何度か撤退しています。あれは、経験と技術と自分との戦いだと思います。マネーパートナーズでfxnanoという少額取引をここ数年やっています。最近やっと自分の取引ルールが決まりかけ、1回の取引で数千円という利益を出せるようになりました。EU離脱にともなう国民投票後に、大きく円高になりましたが、その日の午前中に持っていた豪ドルロングを利益確定しており、その後に下ぶれた事を考えればとても良かったと思います。fxについてはこれからも書いていこうと思います。では、今日はこれで。

自然農法⑨

イメージ
6/24(金)

緑肥(セスバニア・クロタラリア)を蒔いて9日後です。

先日より続いた大雨でどうなっているか気になっていました。

予想通り、田んぼには水溜りができていました。



しかし、よく見ると雑草の中に明らかにまわりとは違う葉っぱが出ていました。

ネットで調べると、セスバニアかクロタラリアのような葉っぱでした。

どちらの葉っぱなのか見分けがつきませんでしたが、蒔いた緑肥には違いありません。



エリアN・Sともほぼ全体に見られました。

なんとか葉っぱが出て、ほっとしました。

このまま、様子を見てみます。

自然農法⑧

イメージ
6/15(水)
いよいよ、ステップ2です。
セスバニアには、まめぞうという根粒菌の入った袋が付いています。
種を水で軽く濡らし、まめぞうを混ぜ付けます。



クロタラリアと混ぜます。

今回は、土地の広さに応じて、

セズバニア:1.5  クロタラリア:1
セスバ二ア:2.5  クロタラリア:2

としました。



だいぶん水が引いたとはいえ、まだ水たまりがある元田んぼに蒔いていきます。

広い土地に均一に蒔くのがけっこう難しく、自分を信じて種を信じてひたすら蒔いていきました。

その後、刈払機で育ったエンバク・イタリアンライグラスを根元から刈っていきます。

昨日練習したおかげで、刈払機も慣れてきましたが、根元から刈るのがこれまた難しいと思いました。

水溜りでは水しぶきを上げながら、何とか全て刈り終えることができました。

昼から始めて夕方までに終えることができました。




これでひとまず大きな作業は終了です。

数週間で蒔いた緑肥が芽を出す予定です。

お疲れ様でした。

今晩は、十分ストレッチをして早めに休みましょう。。。

自然農法⑦

イメージ
エンバクも穂を出しイタリアンライグラスも成長してきました。

そろそろ、ステップ2の作業としてクロタラリアとセスバニアの種をまき、今ある緑肥を刈
る頃です。

今日、と思っていましたが。昨日まで降った雨が残っており足場も悪くとても作業できそうにありません。

明日にすることにしました。

さすが元田んぼという事だけあって水はけの悪いこと!

排水のため、溝を掘り水をにがすことにしました。

刈払い機を近くのホームセンターで購入し、クロタラリアとセスバニアの種も購入済みです。

今日は刈払い機の練習で畔の草を刈りました。


エンバクは1メートル前後に、イタリアンライグラスは80㎝ほどに成長していました。


北側の田んぼを「エリアN」、南側の田んぼを「エリアS」とよぶことにしました。


では、また。。。



最近のmoto x playについて。

イメージ
久々にmoto x playについて書こうと思います。
去る、4月中旬ごろシステムアップデートのお知らせがあり、アップデートしました。
その結果、アンドロイドバージョン 6.01にバージョンアップしました。

アンドロイド 6.0になってからグーグル系のアプリをバージョンアップすると、アプリが並んて2個、3個と表示されるようになりました。 余分な分をアンインストールしてもまた、アップデートされて表示が増えてしまいます。
電源をoffにして入れ直すとちゃんと1個だけ表示されます。 これはあきらかなバグですが、6.01になってから修正されています。
こういった最新のアンドロイドバージョンが手に入ることは、キャリア系のスマホではありません。
グローバル系のsimフリー機を格安simで運用する大きな利点だと思います。
さて、moto x playが来てから8ヶ月が経ちました。
5.5インチの画面はとても見やすくこれ以下には戻れそうにありません。
手首をひねってカメラを起動させるアクションモードは、ひねり方が甘いと起動できませんが、慣れると画面を見なくていいので便利です。
電池の持ちは、休みの日に触りまくってると1日でなくなりますが、通常使用ですと2日は持ちます。
そして、なんと技適マークが表示されるようになりました。
これで電波法違反にならず安心して利用できます。